フランス革命

ボルドーについて

ボルドーを好む人は、世界中に数多くいますが、ボルドーというのは、基本的にはカベルネ・ソーヴィニヨンとメルローを主体としてワインが作られています。
ブドウの品種は、それぞれの土地の特性によって、相性がありますので、それぞれの風味や味が異なるのは当然なのですが、ボルドーの大きな特徴としてブレンドしていることが挙げられるでしょう。
ボルドーでは、複数のぶどう品種を基本的にブレンドすることでこれらが作られます。

たとえば、主体とするのはカベルネ・ソーヴィニヨンですが、それに丸みを加えることを目的として、メルロ―などの他の品種のブドウを補助的に加えているのです。
また、品質の維持や均一化のためにも、ブレンドは欠かせません。
ブドウの出来具合は、それぞれの年の天候などによって毎年異なってしまうものですが、ブレンドすることによって、毎年適切な方法で生産することにより、品質の安定したワインを作り出すことができるのです。

ボルドーが、ブルゴーニュ地方において、ワイン産業が栄えた歴史的な背景についてですが、これは、資金が潤沢にあったイギリス国家の支配下になったことが大きな影響を与えています。
イギリス国内では、ワインが非常に人気が高いのですが、あまりにも寒い気候のため、イギリス国内でワインを製造することができません。
そこで、ボルドーがワインの生産に適していることから、そこでワインを製造し、それをイギリスが輸入できるよう統治したと言われています。

こういった強いマーケットがあると、多くの人がワインを生産しはじめますし、そのことによって競争も激しくなり、その過程でワインの質が向上していきます。
ボルドーは、イギリスへ輸出をするという経済的な側面によって大きな発展を遂げたと言えるでしょう。
ボルドーワインのボトルの形は、丸みがなく縦にストンと落ちたようないかり肩の形をしているので、分かりやすいといえるのではないでしょうか。


このページの先頭へ