フランス革命

ドイツ製ワインについて

ドイツは、日本と比較するとかなり北の方に位置しており、北海道よりも北に位置しています。
そこで、大河であるライン川の周辺だけではなく、支流となっているアール川、マイン川、モーゼル川、ネッカー川などの川沿いにおいて、数多くのワインが栽培されているのです。
しかし、ドイツの場合、寒い気候なので、美味しいブドウの身を実らせて、他国に負けない味のワイン造りをするのは、容易なことではありません。

実際、南欧だと9月にはブドウが収穫されますが、ドイツでは、太陽の光が弱いため、10月にはいってからでないと、収穫することができないのです。
糖度の高い高級なものを作るためには、ブドウの収穫を11月まで待ってからおこなわなければなりません。
ブドウが太陽にあたっている期間と、収穫される年の気候によって、ワインに含まれているアルコール度数も異なってくるのですが、暖かい南欧などで収穫されたものは、ブドウが早く熟し、アルコール度数が高くなり、香りも豊潤で重厚な味わいとなります。

そういった地方と比較して、ドイツなものは、収穫されるまで長い月日をかけていますので、味わいがデリケートで酸味もフルーティで、りんごやグレープフルーツ、洋ナシやパインなどの香りがするほどです。
アルコール度数は10%前後と控えめですので、お酒に弱い人について飲みやすい上品なワインではないでしょうか。
赤ワインにおいても、同じことが言えるのですが、ドイツの赤は、重厚ではないため、物足りないと思う人が多いかもしれません
そこで、ドイツ人は、フランスなものとドイツなものを飲み分けて、その場に応じてワインをえらんでいるようです。

ドイツの赤は、最近では品種改良を重ねることによって、以前のような物足りないというイメージが変わってきました。
いまでは、世界中のどこに出品しても他国に負けないドイツ製の赤が製造されるようになってきたのです。
ドイツ製のワインは、なかなか日本に輸出されていませんが、日本に広まるのもじきだといえるのではないでしょうか。


このページの先頭へ