フランス革命

甲州ワインについて

山梨県の甲府市で初めてワインがつくられたという経緯もあって、国産ワインでもっとも有名な産地は甲州のものだといえるのではないでしょうか。
日本人であれば誰もが知っている通り、山梨県原産の甲州ワインは貴重で数少ない日本産のブドウ品種によって製造されています。
甲州で作られる白には、人によって、好みがはっきりと分かれるのが特徴だといえるでしょう。

甲州のものは、香りがあっさりしており、酸味もあまりなく、クセがないのが長所なのですが、別の言い方をすれば香りも味も薄くて物足りないということにもなります。
そこで、ワインを飲みなれている人にとっては物足りなく感じ、日本酒のような香りが苦手だという人もいれば、後味として苦みを感じる人もいるようです。
そうした欠点ともいえる味と香りの薄さを改良するために、シュール・リーという製法で、おりを絡ませる醸造法を用いてコクをだしていく工夫をしているのですが、それでも海外製のものと比較してみると、まだまだ物足りなさを感じる人も少なくないようです。

しかし、甲州のものは、和食と合うため、普段の食事と一緒に飲む場合には、非常に重宝されていくのではないでしょうか。
和食に欠かせない調味料である醤油やみそ、出汁などはワインとの相性がいいとはあまりいえません。
海外製のフルーティでミネラルが豊富なワインを、醤油のついた刺身やあさりの佃煮、魚の味噌漬けなどと一緒に口にすると、後味が生臭くなってしまう場合が多いようです。

しかし、甲州ワインは、そういった日本食の調味料と非常にマッチして、さっぱりとした味わいと香りが日本料理独特の淡泊な味わいを引き立ててくれます。
お寿司とも合いますし、お刺身だけでも生臭くありません。
ワインのコクやフルーティさが苦手な年配の男性たちも、甲州ワインであれば、飲みやすくて受け入れられる可能性が非常に高いと言えるでしょう。
甲州ワインは苦手だと決めつけずに、TPOに合わせて選んでいけば、きっと食事とのマッチングの良さに気づくはずです。


このページの先頭へ