フランス革命

日本のワインの歴史

日本でワインをつくりはじめたのは、明治時代の始めからだと言われています。
ヨーロッパのように数千年もの歴史があるわけではありませんが、日本産のものは、日本人の舌に合わせて作られているので、日本人にとって非常に上質だと言えるでしょう。
歴史が浅いからといって、質が悪いとは言えないのです。

日本では、ワインをつくり始めたのは明治時代の初期からなのですが、ブドウを作り始めたのは、江戸時代の中期だと言われています。
ワイン造りのはじまりは、明治7年に山梨県の甲府において、山田宥教氏と詫間憲久氏が、共同醸造所を設立したときからです。
なぜこれらをつくり始めたかというと、そこには、当時の日本における米不足の問題があったのです。

当時の日本政府は、日本酒を米から造るだけの米の量を削減したかったため、アメリカ産のブドウの苗木を輸入して、山梨県の甲府市をはじめとして、全国各地でブドウの栽培とワインの醸造を奨励したという背景があります。
しかし、ブドウからワインを醸造するノウハウがまだ日本になかったため、その醸造法を習得するために、日本人がその本場であるフランスに留学し、最初に留学した人たちが帰国した後、日本で初めての国産のワイン会社である大日本山梨ブドウ酒会社が設立されました。
そして、日本の風土に適しているブドウを作るため、品種改良を繰り返し、マスカット・ベリーAを交配することによって、日本でのブドウ栽培とワイン造りが大きく変化しました。

その当時は、まだ日本人の食生活において、ワインが浸透していなかったのですが、日本人好みの甘味の強いものが登場することによって、これが美味しいという認識が広まり、昭和45年の大阪万博以降、日本人が海外へ旅行する機会が増え、食生活が欧米化していき、これが日本人の食生活になじみ深いものとなっていきます。
特に、テーブルワインのためのブドウ作りを積極的におこなったことによって、日本のレストランなどで、ワインが急速に普及していきました。


このページの先頭へ