フランス革命

ヨーロッパのワインの歴史

ヨーロッパにおけるワインの歴史については、非常に古くからあり、シュメール人が紀元前6000年ごろにロール・シールと呼ばれるこれらの入った壷などの口を粘度で塞いで、その上に刻印をしている丸い大理石などでできた棒が発見されています。
また、紀元前4000年~5000年あたりの出来事を記録しているギルガメッシュ叙事詩という古代バビロニアの作品には、ワインについての記述があるのです。
また、紀元前3100年~1500年にエジプト王朝が栄えた時代、ピラミッドの中に描かれていた壁画に、ぶどうの栽培についてや、その醸造について描かれているようです。

他にも、紀元前1700年に作られたハンムラビ法典には、その取引についての記述があるところを見ると、広い地域にわたって、ワインが浸透していたのがわかります。
紀元前1500年ごろには、さらに広い地域にこれらが浸透していきます。
クレタ島などのエーゲ海の島々へと広がっていき、紀元前1000年には、ギリシア本土へ広がり、そして、ローマへと広がっていったのです。

ローマ帝国が拡張すると同時に、ワインはヨーロッパ全土へと広がっていきました。
紀元前52年に、ジュリアス。
シーザーが現在のフランスを征服したことをきっかけとして、フランスにおいて、コート・デュ・ローヌ、ブルゴーニュ、シャンパーニュ、ヴァル・ド・ロワールがボルドー地方などで広まり、フランスの南西部などでもこれをつくり始めるようになりました。

また、キリスト教では、ミサにワインが欠かせないということもあって、各地の僧院で10世紀から11世紀になってくると、その担い手として中心的な存在が僧侶へと移ってきたのです、そこで、さまざまなワインをつくろうと試行錯誤した結果、フレーバーワインやシャンパンが生まれました。
その後、17世紀以降に、娯楽としてのワインの飲酒が一般に広まっていき、現在のように、瓶にワインを詰めて、コルクで栓をする手法が考えられたのです。
その後、運搬技術の向上とともに、ワインの流通が拡大し、生産量もふえてきたのです。



このページの先頭へ